メジナ釣り

平成30年1月21日(日)中潮 月齢4日
久々の更新。行きつけの漁港は、アジに見切られてサビキではほとんど釣れなくなっている。また昨年から考えるとそろそろアジ自体が漁港から姿を消す頃なので、今回は対象をメジナに変えることにした。
餌はアミエビでいつもと変わり無いが、仕掛けは初めてトリックサビキを使ってみた。
午前9時に到着。午後からは雨の予報なのでなるべく早く切り上げることを目標に。波、風ともにほとんどなく、水も極めて澄んでいた。アミエビを撒くものの全く魚影無し。フグさえなし。投げ釣りしながら、アミエビ撒いていたが全く音沙汰なし。あとから来た人も全くダメそうなので引き上げて行った。12時近くになるとメジナの姿が、見えだした。そこからトリックサビキで釣り出す。始めは木っ端ばかりであったが、そのうち20cm程度のものもかかりだした。調子が上がって来たものの、天気予報通り1時過ぎには雨がかなり強くなりだし撤収せざるを得なくなった。
今日の釣果:メジナ32匹(15cm異常は10匹) フグ3匹(かなり大型)当然リリース
メジナの大きいものは刺し身に、中型の2匹は塩焼きにした。木っ端は唐揚げにするつもりだが、処理だけして調理は明日に。
大変おもしろかったが、木っ端がかかりすぎるのでアミエビで寄せて、フカセ釣りで良いと思う。トリックにアオイソメ付けてもかかったので、イソメ使ってもよいかも。
スポンサーサイト

アジのサビキ釣り

平成29年9月2日(土)月齢11日 中潮
今日は夜釣りでアジのサビキ釣り。1ヶ月ぶりくらいの釣りになった。
以前よりサビキ釣りの人は減ったみたい。ただしアジの活性はすごく,入れ食い状態。
撒き餌を撒いてサビキを投入すればすぐに豆アジがかかる。
1ヶ月前よりは若干大きくなった感じではあるがまだまだ豆アジサイズ。
予定では2時間くらいで帰るつもりだったが,隣で釣りをしていた外人さんが帰りがけに余ったアミエビをくれたため更に続行することになった。持って行ったアミエビよりももらった方が多かった。結局4時間くらいで餌がなくなり終了。
途中,釣ったアジを餌に泳がせ釣りもやっていたがそちらは何もかからず終い。
今日の釣果:豆アジ154匹
帰ってから一寝入りして,その後内臓を除去。冷蔵庫で半日おいてから,全てを唐揚げにした。
そのうち50匹程度は南蛮漬けにした。
しばらくは鯵三昧。

サビキ釣り

平成29年6月24日(土)大潮(新月)
今日は夜釣り。サビキ釣りでアジが連れ出したとのことで、さっそく出かけてみた。
まだ釣れ始めと言うことでが、いつもはガラガラな漁港内が結構賑わっていた。常夜灯下はやはり人気で多くの家族連れがいた。
今回は半分偵察のつもりだったので、あまり人のいない明もないところで釣ってみた。アミを撒いても魚が寄ってくる気配なし。また、大潮で流れが速く、あっという間にアミが流れていく。30分くらいは、何も音沙汰なく、杓で巻くのは止めて、カゴのみにアミを入れて底の方を集中して誘ってみた。そのうち、比較的強い当たりがあった。いつものアジとはちょっと違う。あげてみるとメバルがかかっていた。その後、立て続けに3匹釣り上げた。ちょっと小さめだが、煮付けには良いかな。ただ、釣れ始めると、某国の方々が近くに来て、海面を明かりで照らすやら、網でかき回すやらで一気に釣れなくなった。その後、何の釣果も無いと嵐は去って行った。気を取り直して続けると、何やら微妙な当たりが。あげてみると小さなアジ(5cmくらい)がかかっていた。これが豆アジというのだろう。昨年はサビキ釣りを遅くから初めたので、アジが成長していてこんな小さなものは釣れなかったので10cm位のものを豆アジというのだろうと思っていたが、小アジと呼ぶくらいのものだったのだろう。豆アジは2匹しか釣れなかったが、たまーに当たりがあり、上げてみると15cmくらいのアジが数匹つれた。今回のところは豆アジはほとんどいないが、やや大きめのものが回遊していたと思われる。0時を過ぎるとポツポツと雨が降り出して来たので、濡れる前に撤収することに。
今日の釣果:アジ(15cm程度)6匹、豆アジ2匹、メバル(15-17cm)3匹
ちなみに、豆アジは泳がせ釣りに使ったが釣果なし。
帰りがけに常夜灯の下を覗いてみたところ、豆アジがチョロチョロ泳いでいるのが確認できた。次回はこっちでも釣ってみるか。

キス釣り(3)

平成29年6月11日(日)月齢16日(大潮)
 今日は初めて友人と釣行。いつもどりの四方で14時頃から開始。
快晴でやや風あり。堤防が空いていたので砂浜よりで釣ることに。
いないわけでは無いが、これまでと比べるとだいぶ渋い。
ネズミゴチもかなり混ざる。
今回は、いつも使うロッドは友人に貸して、サビキ釣りで使ってい安いロッドを使用した。
案外取り回しが楽で、思いっきりは投げないので問題はない。
18時くらいまで粘ったが、遅くなるごとにどんどん釣れなくなって行った。
今回は15時くらいがよく釣れた。
一応タイドグラフをチェックしてみたところ9時から15時までが、上げ潮で15時から22時にかけてが引き潮になっていた。
上げ潮の方がよいのか。そんな解説があったような?
次回は、タイドグラフもチェックしていくか。
今回の釣果:キス18匹、ネズミゴチ7匹、キジハタの子供(10cm程度)1匹。
ちなみにキジハタは通常ならばリリースするが、針を2本飲み込み、針を外してい間に絶命してしまったので
持ち帰った。
余談だが、キジハタはとてもまともに食べれるサイズではなかったが、3枚におろして、皮引いて刺し身にしてみた。
皮を引くのは、小さいが簡単だった。あまりにも少量だったので味はよくわからなっかった。

キス釣り(2)

平成29年5月28日(日)月齢2.3日大潮
 前回、午後からよく釣れたので、今日は遅出にした。
アオイソメ100円分購入し、四方の堤防へ15時に到着。浜では何組か投げていたが、堤防は1組だけ。それも帰るところだった。
到着すると、新たにもう一人来たので、結局2人でしばらく釣ることに。今回も好調で、2本針でのちょい投げで、投げれば必ず掛かるといった具合。遠投の必要なし。遠投するとかえって浜からキャストしている人と絡むかもしれない。
今日は、ネズミゴチやフグは全くかからなかった。1匹30cmくらいのウグイがかかったがリリース。
18時になると急激に食いが悪くなったのでそこで終了。実質3時間。
今日の釣果:キス43匹。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。