黒鯛!

平成30年6月30日(土)月齢16.3,大潮
今回も,マイワシ狙いでサビキ釣り。午後9時くらいに港に到着。
湾内を一通り見て回るが,以前のようなイワシの群遊は見られない。
一箇所比較的イワシの釣れているところがあったが,先客が多かったので少し離れたところで開始した。
アミエビを撒いても,極めて小さな小魚がよってくるだけで,イワシの姿は見えず。
とりあえずトリックサビキを沈めてみると,底の方で比較的大きなあたり。
引き上げてみると大きなふぐ。
更に続けるとまた大きなあたり。しかも妙に重い。
リールを巻くと,黒鯛の姿が。タモは持って来ていたが,車の中。
そのまま引き上げるが多分逃げられてしまうだろう。
しかし運良く,あまり暴れなかったので釣り上げることができた。
おまけにさっきより更に大型のふぐもかかっていた。
30cmを超える黒鯛だった。
とにかく私にとっては今までの中で最も大物(ウグイやボラを除いて)。本当は血抜きをしたほうが良かったのだろうが
そのままクーラーボックスへ。興奮冷めやらぬまま,釣りを続けるが,その後はほとんどあたりなし。
今日は,これまでかと思ったが,イワシの釣れていたところの先客が帰ったのでそこで釣ることに。
ちなみに先客の帰り際に釣果をみせてもらったが,イワシでクーラーボックスいっぱいになっていた。
結局イワシは,7匹釣れて餌がなくなり終了。
本日の釣果:イワシ7匹(2匹程20cm超え)
アジ2匹,メジナ2匹(共に10cm程度)
黒鯛32cm。
今回は,イワシ6匹は全て刺し身にした。
しかし結果として,前回の揚げ物のほうが美味しかった。
ほかは全て七輪で塩焼きにした。
小魚はそれなりに美味しかったが,黒鯛は大変美味でした。
漁港内で黒鯛が上がったのを見たことはあったが,まさか自分にその幸運が巡って来るとは思わなかった。
これだから釣りはやめられません。

イワシ釣り

平成30年6月16日(土)月齢2.3日 大潮
確か6月12日くらいに一度、下見に行って、大量のイワシがいることを確認した。
富山でイワシを確認したのは初めてだった。
そこで、トリックサビキを持って、夜釣りにでかけた。
漁港についたものの、今日は見当たらず、先客もほとんど釣れていいないようだった。
漁港内を一回りすると、右手奥にかなりのイワシがたむろしていた。そこに一人だけルアーを楽しんでいる方がいるだけだった。
ちょっと離れた常夜灯の下で始めることにした。アミエビを撒くと程なく、イワシの群れがやって来て、ほぼ入れ食い状態。
ただ、トリックサビキがかなり小さいものを使用したので、かかってもすぐに外れてしまう。15-20cm程度でかなり元気がよい。
一回に上げられるのは1匹が限度。それでも20匹くらい釣り上げた。
妻が同伴していたので、早く切り上げたのでこんなもんだったが、一人だったら確実に100匹くらい釣っていた。
後々の処理のことを考えると、こんなものでちょうど良かった。
今日の釣果:イワシ21匹、アジ1匹
帰ってから鱗を落とし、全て腹開きにした。
はじめ手開きにしていたが、骨を外す時、かなり身が持っていかれてしまうので、結局包丁で開いた。
アジより手間がかかったのでこのくらいがちょうどよい。サイズも大きいので。
当日は開くまでにして、翌日塩コショウで味付けをして、小麦粉をまぶして唐揚げにした。
大変美味でした。一番大きいものは、刺し身にした。これも美味(こちらは当日に食べました)
もうしばらくいてくれるともう一度挑戦するのだが、どうかな。

キス釣り2018年

平成30年6月3日(日)月齢18.6日 中潮
先週今年はじめてのキス釣りで玉砕したので、そのリベンジ。
早起きして、6時にはいつもの防波堤で開始。餌はアオイソメ100円分。
はじめの2時間くらいは、ほとんどあたりなし。
8時くらいから、ごく近いところでキスが釣れだす。しかし調子が上がってきたところでアクシデント発生。
三脚型の竿立てが、水くみバケツとともに海へ落下。網を持ってきていないので為す術なし。
しかし、近くの人が編みですくい上げてくれた。感謝感激。次回からはタモも持参しよう。
11時半くらいで餌が尽きる。そこで撤収。
今日の釣果:キス約40匹(最大でも15cm)、ネズミコチ2匹、ベラ1匹

帰ってから、全てキス天にした。
やっぱり釣りたてはうまい。

メジナ釣り

平成30年1月21日(日)中潮 月齢4日
久々の更新。行きつけの漁港は、アジに見切られてサビキではほとんど釣れなくなっている。また昨年から考えるとそろそろアジ自体が漁港から姿を消す頃なので、今回は対象をメジナに変えることにした。
餌はアミエビでいつもと変わり無いが、仕掛けは初めてトリックサビキを使ってみた。
午前9時に到着。午後からは雨の予報なのでなるべく早く切り上げることを目標に。波、風ともにほとんどなく、水も極めて澄んでいた。アミエビを撒くものの全く魚影無し。フグさえなし。投げ釣りしながら、アミエビ撒いていたが全く音沙汰なし。あとから来た人も全くダメそうなので引き上げて行った。12時近くになるとメジナの姿が、見えだした。そこからトリックサビキで釣り出す。始めは木っ端ばかりであったが、そのうち20cm程度のものもかかりだした。調子が上がって来たものの、天気予報通り1時過ぎには雨がかなり強くなりだし撤収せざるを得なくなった。
今日の釣果:メジナ32匹(15cm異常は10匹) フグ3匹(かなり大型)当然リリース
メジナの大きいものは刺し身に、中型の2匹は塩焼きにした。木っ端は唐揚げにするつもりだが、処理だけして調理は明日に。
大変おもしろかったが、木っ端がかかりすぎるのでアミエビで寄せて、フカセ釣りで良いと思う。トリックにアオイソメ付けてもかかったので、イソメ使ってもよいかも。

アジのサビキ釣り

平成29年9月2日(土)月齢11日 中潮
今日は夜釣りでアジのサビキ釣り。1ヶ月ぶりくらいの釣りになった。
以前よりサビキ釣りの人は減ったみたい。ただしアジの活性はすごく,入れ食い状態。
撒き餌を撒いてサビキを投入すればすぐに豆アジがかかる。
1ヶ月前よりは若干大きくなった感じではあるがまだまだ豆アジサイズ。
予定では2時間くらいで帰るつもりだったが,隣で釣りをしていた外人さんが帰りがけに余ったアミエビをくれたため更に続行することになった。持って行ったアミエビよりももらった方が多かった。結局4時間くらいで餌がなくなり終了。
途中,釣ったアジを餌に泳がせ釣りもやっていたがそちらは何もかからず終い。
今日の釣果:豆アジ154匹
帰ってから一寝入りして,その後内臓を除去。冷蔵庫で半日おいてから,全てを唐揚げにした。
そのうち50匹程度は南蛮漬けにした。
しばらくは鯵三昧。